美肌のために、良い睡眠を心掛けましょう

眠れない・・そんな時は生活習慣を見直しましょう

HOME » 「美肌力」アップ講座 » 肌がつくり替えられる大切な睡眠時間

肌がつくり替えられる大切な睡眠時間

シミやくすみや吹き出物など、肌本来の再生は睡眠中に行われます。美肌を保つためには夜更かしは大敵です。

美容のためにも睡眠は不可欠

睡眠仕事が忙しかったり、悩み事があったり、眠れない日が続いて不規則な生活になると体調も、肌も変わります。美肌を保つためには、睡眠は不可欠です。
出来るだけ規則正しい生活を送るように心がけ、習慣的に良い睡眠を取るようにする事は、美肌を保つために大切なことです。

慢性的に睡眠不足が続くと、肌はどんどん老化していきます。乾燥によるシワ、寝不足によるくすみが定着してしまう前に、無理をせずしっかり睡眠時間を確保したいものです。

肌の再生は睡眠の間に行われる

睡眠不足になると、肌が荒れるのはどうしてなのでしょう?

肌を再生する成長ホルモンの分泌は夜の10時~夜中の2時と言われています。
更に、一日の中で最も深い眠りの時に成長ホルモンの分泌が最も多いことがわかっています。これは眠りに入ったばかりの3時間に限定されています。そのため、この最初の3間に深い睡眠をとることができないと、成長ホルモンの分泌が抑えられてしまうことになるのです。

成長ホルモンの分泌は体内時計の影響を受けるため、寝る時間が毎日違うときちんと分泌されなくなってしまいます。
どんなに忙しくても、毎日ある程度決まった時間に眠りにつくことが美肌を保つにはとても大切です。

就寝前には脳を刺激しないようにしましょう

寝付きが悪い、なかなか眠れない。そんな人は以下の点に注意して、就寝前に脳を刺激しないようにする事が大切です。就寝1時間前には、体が眠る準備を始めて、ぐっすり眠れる習慣を作りましょう。

良い寝付きのためのポイント
  • 寝る直前まで、テレビやパソコンの前にいない。
  • 寝る1時間前から部屋の明かりを少し暗めにする
  • あまり熱いお風呂に入らない
  • 就寝前にコーヒー、緑茶を飲まない

習慣になりやすい熱いお風呂や、寝る前のテレビやパソコン。コーヒーなどのカフェイン摂取は、脳を刺激して、興奮作用があるのでよくありません。
就寝前に、お部屋の明かりを少し暗くしておくと、メラトニンというホルモンが分泌されて睡眠が深くなるといわれています。

毎日の生活習慣の改善が大切です

平日は夜更かしして睡眠不足。でも、休日に寝だめすれば大丈夫と思っていませんか?

休日の2日間ぐらいの十分な睡眠だけでは、美肌を保つスキンケアとはいえません。
毎日の質のよい睡眠が非常に大切になってくるのです。

平均4.32点/5点

1位

平均4.12点/5点

2位
無添加化粧水ランキング

平均4.25点/5点

2位

平均3.66点/5点

3位
無添加石けんランキング

平均4.08点/5点

2位

平均3.56点/5点

3位
無添加シャンプーランキング

失敗しない無添加ITEM選び

100%安全な化粧品はない
お肌に合う化粧品というのはありますが、完全に無添加で安全な化粧品というのはこの世に存在しません。

「無添加化粧品」をしっかり知る

お肌の優しい「安心」「安全」な化粧品って知っていますか?そらが無添加化粧品。

化粧品だけでなく食品や住まいまで、無添加の中での暮らしってとってもイイんです!

美肌を目指すスキンケア講座。女子力アップを目指そう

ご訪問いただき誠にありがとうございます。本サイトは無添加で安心・安全に美肌を目指す女性のためのポータルサイトです。
運営者情報

本サイトのデザイン・コンテンツ・校正・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止しております。転載を希望されるかたはお問い合わせください。