乾燥肌は進行するとしわやくすみの原因になります

睡眠不足などの生活習慣を見直しましょう

HOME » 「美肌力」アップ講座 » 乾燥に効く食べ物

乾燥に効く食べ物

冬の乾燥や夏の紫外線など、肌へのダメージによって乾燥を引き起こしてしまった時は、潤いを保つための食品を摂取しましょう

乾燥肌とは

乾燥肌の水分が失われ、カサカサになっている状態を乾燥肌といいます。
肌の表面の角質層は体内の水分が蒸発するのを防ぐバリア機能があり、天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質、皮脂といった成分が含まれています。
これらの成分が、外からの刺激を防ぎ、肌の水分を保つという大きな役割を担っているのです。

しかし、季節の変化による気温の低下や乾燥。洗顔による刺激などで、天然保湿因子などが持つ保湿機能が低下すると乾燥肌になるのです。人によってかゆみを伴う場合や、白い粉を吹いたようになることもあります。
この状態をそのままにしておくと、ひび割れなどの深刻な症状にまで進み、しわを作ったり、今ある浅いしわをより深くしてしまう事があります。

乾燥肌の予防には肌の保湿と食生活の改善です

乾燥肌を改善するには、普段のスキンケアの見直しと、乾燥肌に良い食べ物を積極的に食べる事も大切です。便利なサプリメントを取り入れる事も良いでしょう。もちろん、睡眠不足の解消など生活習慣の見直しも必要です。

乾燥肌のスキンケア

乾燥肌のスキンケアで一番大切なのは、洗顔のときに皮脂を洗い流し過ぎないこと。肌に合った洗顔料でも、一度に使う洗顔料の使い過ぎや、洗い流し不足にも注意が必要です。また、洗顔が終わったらすぐに化粧水をつけるなどして、 肌が乾燥しないように気をつけましょう。洗顔後は化粧水で十分に水分を補給してから保湿力のある美容液やジェル、クリームなどを使うといいでしょう。

エアコンや日焼けなどにも注意しましょう

日常生活でも、ちょっとした心がけで肌の乾燥を防ぐことができます。 冬は、空気が乾燥すると肌も乾燥しやすくなるので、暖房するときは、同時に加湿器を使って、 部屋の湿度を調整しましょう。
夏は、長時間エアコンを使用しないようにするだけでなく、紫外線を防ぐために、 しっかりと日焼け対策をすることも大切です。

乾燥肌の改善に役立つ栄養素

乾燥肌の改善にはビタミンAが有効

ビタミンAは皮膚や粘膜にうるおいを保ち、新陳代謝を促して肌のかさつきを防いでくれるビタミンです。コラーゲンの生成を助け、肌にハリを与えるはたらきもします。

ビタミンAには、ビタミンAのかたちで動物性食品に含まれるレチノールと、体内に入って必要に応じてビタミンAに変換されるβ-カロテンの2種類があります。

モロヘイヤ、にんじん、かぼちゃ、春菊、あしたば、ほうれん草、だいこんの葉、小松菜、鶏レバー、豚レバー、あんきも、うなぎ、卵黄などに豊富に含まれています。

大豆にも潤いを保つ効果があります

乾燥で悩んでいる時は、大豆も積極的に摂ってもらいたい食品です。

大豆は乾燥肌良いビタミンB2やビタミンE、良質のたんぱく質を多く含みます。特に大豆の加工食品である納豆のネバネバには、肌をしっとりと保湿する効果があることが分かっています
すでに乾燥肌で肌がカサカサになった方は、カルシウムも一緒にとることをおすすめします。カルシウムには興奮を鎮めて精神を落ち着かせる役目があり、かゆみを少しでも抑えるのに有効です。

平均4.32点/5点

1位

平均4.12点/5点

2位
無添加化粧水ランキング

平均4.25点/5点

2位

平均3.66点/5点

3位
無添加石けんランキング

平均4.08点/5点

2位

平均3.56点/5点

3位
無添加シャンプーランキング

失敗しない無添加ITEM選び

100%安全な化粧品はない
お肌に合う化粧品というのはありますが、完全に無添加で安全な化粧品というのはこの世に存在しません。

「無添加化粧品」をしっかり知る

お肌の優しい「安心」「安全」な化粧品って知っていますか?そらが無添加化粧品。

化粧品だけでなく食品や住まいまで、無添加の中での暮らしってとってもイイんです!

美肌を目指すスキンケア講座。女子力アップを目指そう

ご訪問いただき誠にありがとうございます。本サイトは無添加で安心・安全に美肌を目指す女性のためのポータルサイトです。
運営者情報

本サイトのデザイン・コンテンツ・校正・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止しております。転載を希望されるかたはお問い合わせください。