日本でいう無添加は定められた表示指定成分が入っていないという意味です。

発ガン性や環境ホルモンが疑われる添加物が含まれることもあります。

HOME » 無添加生活とは » 無添加化粧品とは

無添加化粧品とは

日本で言う「無添加化粧品」とは、102種類の有害な添加物が入っていない、という意味。表示指定成分から漏れた環境ホルモンや発ガン性物質が入っている可能性だってあります。

「無添加化粧品」ってどんなもの?

「無添加」とは「防腐剤・着色料」を使っていないという意味です。

「無添加」の言葉の意味をそのまま言うと、有害な「添加物を加えていない」ということになりますよね?
でもどんな「添加物」が入っていなければ、無添加なのでしょうか?
それはそのままイコール「天然成分100%」や「原液エキス100%」のことを指すのでしょうか?

残念ながらそれは違います。
では「添加物」とはどういう意味なんでしょうか?

有害な102種類の「防腐剤・着色料」を使っていません。

実は日本でいう無添加化粧品の「添加物」とは、「旧厚生省(現厚生労働省)によって定められた、アレルギー反応を引きおこす恐れのある有害な成分102種類」のことを指します。
「無添加」とは、これら「102種類」の有害な成分が入っていない、ということなんです。
そして2001年3月までは、この「表示指定成分」が入っていない化粧品のことを、「無添加化粧品」と呼んでいました。
いまでも「無添加化粧品」をうたっている化粧品のほとんどは、この旧指定成分を配合していない化粧品です。

「無添加化粧品」だから安全とは限らない

有害な成分を含んだ「無添加化粧品」もありえます。

でも、有害な添加物ってたった102種類なの?
そんなわけはありません。

指定から漏れていても発ガン性や環境ホルモン作用があると後になってわかった物質もたくさんあります。
中には昔の指定から漏れた有害な成分をたくさん使っているものだってあるんです。

しかも2001年4月以降は、化粧品に全成分の表示が義務づけられました。
そのためにかえって有害な旧指定成分が見つかりにくくなってしまっています。

相対的に安心・安全な商品をピックアップ!

  • 「カタカナ語がいっぱい並んでいてよくわからない。」
  • 「無添加化粧品なのにかぶれてしまった。」
  • 「アトピーだから心配なんです。」

当サイトではこうした現状を踏まえて、より安心して使える、安全な「無添加化粧品」を選んで比較ランキングを作りました。
皆さんが安心して選べるように、レビューに加え、口コミ情報も掲載しています。
通販で購入できるもの限定ですが、化粧品選びに役立てていただけると幸いです。

平均4.32点/5点

1位

平均4.12点/5点

2位
無添加化粧水ランキング

平均4.25点/5点

2位

平均3.66点/5点

3位
無添加石けんランキング

平均4.08点/5点

2位

平均3.56点/5点

3位
無添加シャンプーランキング

失敗しない無添加ITEM選び

100%安全な化粧品はない
お肌に合う化粧品というのはありますが、完全に無添加で安全な化粧品というのはこの世に存在しません。

「無添加化粧品」をしっかり知る

お肌の優しい「安心」「安全」な化粧品って知っていますか?そらが無添加化粧品。

化粧品だけでなく食品や住まいまで、無添加の中での暮らしってとってもイイんです!

美肌を目指すスキンケア講座。女子力アップを目指そう

ご訪問いただき誠にありがとうございます。本サイトは無添加で安心・安全に美肌を目指す女性のためのポータルサイトです。
運営者情報

本サイトのデザイン・コンテンツ・校正・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止しております。転載を希望されるかたはお問い合わせください。