天然由来の自然素材を使った自然派化粧品・オーガニックコスメがおすすめ

有害な石油由来の合成成分が入っていない無添加化粧品を選びましょう

HOME » 無添加化粧品について知る » 自然派化粧品との違い

自然派化粧品との違い

無添加との違いってなんだかわかりますか? どれもお肌に優しくエコロジーなイメージですが、意味は微妙に違います。

無添加?自然派?オーガニック?

どれもお肌に優しいイメージですが、意味は微妙に違います。

無添加化粧品と自然派化粧品の違いってわかりますか?
「無添加」も「自然派」もどちらも似たような意味で使われていますよね?
「オーガニックコスメ」なんかもよく使われます。

有害な添加物が無い⇒天然成分がたっぷり。

これらの言葉のイメージは、どれも「お肌や環境に優しい」「エコロジー」というもの。
でも無添加化粧品や自然派化粧品ってなに? って聞かれて、きちんと応えられる人は、ほとんどいないと思います。
では「無添加化粧品」と「自然派化粧品」の違いってなんでしょうか?
まとめると次のようになります。

無添加化粧品 … 厚生労働省が決めた102種類の旧表示指定成分が入っていない化粧品

自然派化粧品 … 植物エキスを中心に、石油由来の成分を少なくして作られた化粧品。

オーガニックコスメ … 天然成分を中心に作られた化粧品。※基本的に自然派化粧品と同じです。

無添加化粧品の定義については「無添加化粧品とは」を見てもらうとして、ここからは自然派化粧品について解説していきますね。

「自然派化粧品」ってなに?

何千年も使われてきた天然成分を中心に作られた化粧品

いまの日本で言う「自然派化粧品」とは、「石油を原料にした合成成分をできるだけ含まない化粧品」だと言っていいと思います。
これは言い換えれば、ほぼそのまま「植物エキスを中心にした自然素材の化粧品」ということです。そしてブランドものには無添加・自然派化粧品はほとんどありません。

シャネルの5番にも石油成分が使われてます。

石油由来の成分と言われてもピンと来ない人も多いかと思います。
でもマリリンモンローの「シャネル№5」の香りと言われたらどうでしょうか?
実は有名なシャネルの5番には悪名高い「アルデヒド」という合成香料が使われています。

現代で化粧品に使われる香料は一説には5000種類以上と呼ばれています。
そしていまだにブランド化粧品のほとんどには、これらの石油原料から作られた合成香料が何の疑問もなく使われています。
だからこそ環境意識が高いドイツやヨーロッパでは、いまブランド物よりも自然派化粧品を選ぶ人々が増えています。

■自然派化粧品はなんでいいの?

何百年もの間に有効性と安全性が検証されてます。

合成成分が肌に悪いとは、アメリカが石油産業で躍進していた時代、日本の高度経済成長期やバブルの時代にはまったく問題になりませんでした。
でも石油から合成成分が作られるようになったのは、ほんの100年前のことです。
一方で天然由来の自然素材の化粧品は何百年、何千年、と時代時代の女性達に受け継がれ、使われ続けてきました。
それは長い時間をかけて美の有効性や安全性が確かめられてきたということです。
逆に石油由来の合成成分は今日もまた新しいものが生み出されては、使い捨てられているのです。
どちらが良いか、選ぶのはあなたです。

平均4.32点/5点

1位

平均4.12点/5点

2位
無添加化粧水ランキング

平均4.25点/5点

2位

平均3.66点/5点

3位
無添加石けんランキング

平均4.08点/5点

2位

平均3.56点/5点

3位
無添加シャンプーランキング

失敗しない無添加ITEM選び

100%安全な化粧品はない
お肌に合う化粧品というのはありますが、完全に無添加で安全な化粧品というのはこの世に存在しません。

「無添加化粧品」をしっかり知る

お肌の優しい「安心」「安全」な化粧品って知っていますか?そらが無添加化粧品。

化粧品だけでなく食品や住まいまで、無添加の中での暮らしってとってもイイんです!

美肌を目指すスキンケア講座。女子力アップを目指そう

ご訪問いただき誠にありがとうございます。本サイトは無添加で安心・安全に美肌を目指す女性のためのポータルサイトです。
運営者情報

本サイトのデザイン・コンテンツ・校正・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止しております。転載を希望されるかたはお問い合わせください。