化粧品と医薬部外品の違いとは? 効果効能、薬効作用が決め手です。

厚生労働省が定める薬事法のポイントを解説します。

HOME » 無添加化粧品について知る » 薬事法について知る

薬事法について知る

厚生労働省が定める薬事法が「化粧品」や「医薬部外品」の定義を決めています。たとえば効果効能がうたえるのは「医薬部外品」だけ。化粧品には薬効作用がありません。

私たちの安心・安全を守る薬事法

化粧品の定義や成分、表示を定め、安全性を保証します

化粧品の定義についておさらいしてみましょう。
化粧品は薬事法によって以下のように定義されています。

「人の体を清潔にし、美化し、魅力をまし、容貌を変え、また皮膚もしくは毛髪をすこやかに保つために、体に塗布・散布、その他類似する方法で使用されることが目的とされているもの。人体に対する作用が緩和なものを言う。」

化粧品は「肌を健康的に、すこやかに保つ」もの

この中には、石けん、ボディソープ、シャンプー、リンスなどのヘアケア用品なども含まれています。
でも同じシャンプーや石けんでも「医薬部外品」と書かれているものがありますよね?
では「医薬部外品」とは何なのでしょうか?

「医薬部外品」ってどういう意味?

薬効成分が入っているけど、副作用が無い化粧品のことです。

化粧品の中でも客観的に何らかの薬効、薬事効果、効能があるとわかっているものは「医薬部外品」になります。いわゆる「薬用化粧品」ですね。

染色剤 、パーマ液 、入浴剤 、育毛剤 なんかに特に多いです。

にきび・肌荒れ・かぶれ・しもやけなどの防止に効果があります。

「薬品」 強い効果・効能。副作用がある場合がある。医師の管理が必要。
「医薬部外品」 予防に一定の効果・効能がある。副作用がない。

医薬部外品は治療や治すことが目的の薬品とは違って、あくまでも予防や防止のために作られています。
そのため医薬部外品に副作用はなく、化粧品よりも効果的に肌のトラブルを防止できます。
お化粧に使う目的のほかに、にきび・肌荒れ・かぶれ・しもやけなどの防止、または皮膚や口の殺菌消毒に使うこともできます。

「薬用化粧品」で肌トラブルを予防!

日本では厚生労働省が医薬部外品を認定していて、以下のように定義されています。

「次に揚げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和な物であって機械器具等でないもの及びこれらに準ずるもので厚生労働大臣の指定するものを言う。
(1)吐き気その他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
(2)あせも、ただれ等の防止
(3)脱毛の防止、育毛又は除毛
(4)人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除又は防止。』

平均4.32点/5点

1位

平均4.12点/5点

2位
無添加化粧水ランキング

平均4.25点/5点

2位

平均3.66点/5点

3位
無添加石けんランキング

平均4.08点/5点

2位

平均3.56点/5点

3位
無添加シャンプーランキング

失敗しない無添加ITEM選び

100%安全な化粧品はない
お肌に合う化粧品というのはありますが、完全に無添加で安全な化粧品というのはこの世に存在しません。

「無添加化粧品」をしっかり知る

お肌の優しい「安心」「安全」な化粧品って知っていますか?そらが無添加化粧品。

化粧品だけでなく食品や住まいまで、無添加の中での暮らしってとってもイイんです!

美肌を目指すスキンケア講座。女子力アップを目指そう

ご訪問いただき誠にありがとうございます。本サイトは無添加で安心・安全に美肌を目指す女性のためのポータルサイトです。
運営者情報

本サイトのデザイン・コンテンツ・校正・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止しております。転載を希望されるかたはお問い合わせください。