無添加化粧品の基本、102種類の旧表示指定成分をリストにしました。

化粧品の全成分表示が義務づけられた後、わかりにくくなってしまった過去の表示指定成分の一覧です。アレルギーや発疹、皮膚炎などの可能性も

HOME » 無添加化粧品について知る » 旧表示指定成分一覧

旧表示指定成分一覧

化粧品の全成分表示が義務づけられた後、わかりにくくなってしまった過去の表示指定成分の一覧です。旧表示指定成分が入ってないのが無添加化粧品の基本です。

化粧品の【旧表示指定成分】一覧

化粧品に全成分表示が義務づけられたため、逆に見えにくくなってしまった有害成分が多数あります。多くの成分の中に埋もれたこれらの成分をあいうえお順でリスト化しました。ラベルを良く見て購入しましょうい。

※リストは「あいうえお順」です。

表示成分 内容 用途
安息香酸およびその塩類 殺菌力は弱いが、性筋力が強い。刺激物で皮膚や粘膜に刺激がある 防腐殺菌剤
イクタモール 強い殺菌力。脱臭作用。 収れん剤
イソプロピルメチルフェノール 防腐殺菌剤
ウンデスレン酸MEA 高濃度で皮膚に刺激。 防腐殺菌剤
エデトさん及びその塩類 酸化防止、ミネラルの変質の防止。アレルギー誘引の可能性。 金属イオン封鎖剤
塩化アルギルトリメチルアンモニウム 界面活性剤
塩化ジステアリルジメチルアンモニウム 界面活性剤
塩化ステアリルトリメチルアンモニウム 界面活性剤
塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム 界面活性剤
塩化セリルトリメチルアンモニウム 界面活性剤など
塩化セチルビリジニウム 界面活性剤
塩化ベンザルコニウム 界面活性剤
塩化ラウリルトリメチルアンモニウム 界面活性剤
塩化リゾチーム 除菌作用。発疹、下痢などを引きおこす可能性。 消炎剤
塩化アルキルジアミノエチルグリシン 界面活性剤
塩化クロルヘキシジン 防腐殺菌剤
塩酸ジフェンヒドラミン 抗ヒスタミン剤。過敏反応の可能性。 かゆみ止め
オキシベンソン-3 紫外線吸収剤
オルトフェニルフェノール 防腐殺菌剤
カテコール 抗酸化剤
カンタリスチンキ 毛根刺激剤
グアイアズレン 消炎剤
グアイアズレンスルホン酸ナトリウム 消炎剤
グルコン酸クロルヘキジン 防腐殺菌剤
クレゾール 防腐殺菌剤
クロラミンT 防腐殺菌剤
クロルキシレノール 防腐殺菌剤
クロルクレゾール 防腐殺菌剤
クロロフェネシン 防腐殺菌剤
クロロブタノール 防腐殺菌剤
5-クロロ-2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン 殺菌防腐剤
酢酸dl-αートコフェロール 抗酸化剤
酢酸ポリオキシエチレンラノリンアルコール 界面活性剤
酢酸ラノリン 基剤
酢酸ラノリンアルコール 基剤
サリチル酸及びその塩類 皮膚・粘膜への刺激が強い。皮膚から吸収されると発疹。 防腐殺菌剤
サリチル酸フェニル 皮膚・粘膜への刺激が強い。皮膚から吸収されると発疹。 紫外線吸収剤
ジイソプロパノールアミン 抗酸化剤
1.3-ジメチロール-5、5-ジメチルヒダントイン 防腐剤
臭化アルキルイソキノリニウム 界面活性剤
臭化セリツトリメチルアンモニウム 界面活性剤
臭化ドミフェン 界面活性剤、防腐殺菌剤
シュウキョウチンキ 毛根刺激剤
ステアリルアルコール 基剤・乳化安定剤
セタノール 基剤・乳化安定剤
セチル硫酸ナトリウム 界面活性剤
セトステアリルアルコール 界面活性剤
セラック 毒性は比較的弱いが、頭髪用スプレー等に用いられる。 皮膜型成剤
ソルビン酸およびその塩類 防腐殺菌剤
チモール 防腐殺菌剤
直鎖型アルキルベンゼスルホンさんナトリウム 界面活性剤
チラム 防腐殺菌剤
デヒドロ酢酸およびその塩類 防腐殺菌剤
天然ゴムラテックス 付け睫毛の接着剤。発疹水ぶくれの可能性。 被膜剤
トウガラシチンキ 皮膚への刺激が強い。 毛根刺激剤
dl-αートコフェロール 抗酸化剤
トラガント 増粘剤
トリイソプロバノールアミン 中和剤
トリエタノールアミン 中和剤
トリクロサン 防腐殺菌剤
トリクロロカルバニリド 防腐殺菌剤
ニコチン酸ベンジル 消炎剤
ノニルさんバニリルアミド 防腐殺菌剤
パラアミノ安息香酸エステル 紫外線吸収剤
パラベン・パラオキシ安息香酸エステル アレルギー性湿疹や皮膚炎の可能性。環境ホルモン物質の可能性も。 殺菌防腐剤
パラクロルフェノール 紫外線吸収剤
パラフェノールスルホン酸亜鉛 収れん剤
ハロカルバン 防腐殺菌剤
2-(2-ヒドロキシ-5-メチルフェニル)ベンゾトリアゾール 紫外線吸収剤
ピロガロール 染毛剤
フェノール 防腐殺菌剤
ブチルヒドロキシアニソール 抗酸化剤
プロピレングリコール 保湿剤
ヘキサクロロフェン 防腐殺菌剤
ベンジルアルコール 香料など
没食子酸プロピル 抗酸化剤
ポリエチレングリコール 基剤
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩類 界面活性剤
ポリオキシエチレンラノリン 界面活性剤
ポリオキシエチレンラノリンアルコール 界面活性剤
ホルモン(エストラジオール・エチニルエストラジオールなど) 発ガン性物質であることが多い。 ホルモン剤
ミリスチン酸イソプロピル 油剤
2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン 殺菌防腐剤
イミダゾリジニルウレア 防腐剤
ラウリル硫酸塩類 界面活性剤
ラウロイルサルコシンナトリウム 界面活性剤
ラノリン 基剤
液状ラノリン 油剤
液状ラノリン 油剤
水添ラノリン 油剤
ラノリンアルコール 油剤
水素添加ラノリンアルコール 油剤
ラノリン脂肪酸イソプルピル 油剤
ラノリン脂肪酸ポリエチレングリコール 油剤
レゾルシン 殺菌防腐剤
ロジン 粘着剤
タール系色素 着色材

平均4.32点/5点

1位

平均4.12点/5点

2位
無添加化粧水ランキング

平均4.25点/5点

2位

平均3.66点/5点

3位
無添加石けんランキング

平均4.08点/5点

2位

平均3.56点/5点

3位
無添加シャンプーランキング

失敗しない無添加ITEM選び

100%安全な化粧品はない
お肌に合う化粧品というのはありますが、完全に無添加で安全な化粧品というのはこの世に存在しません。

「無添加化粧品」をしっかり知る

お肌の優しい「安心」「安全」な化粧品って知っていますか?そらが無添加化粧品。

化粧品だけでなく食品や住まいまで、無添加の中での暮らしってとってもイイんです!

美肌を目指すスキンケア講座。女子力アップを目指そう

ご訪問いただき誠にありがとうございます。本サイトは無添加で安心・安全に美肌を目指す女性のためのポータルサイトです。
運営者情報

本サイトのデザイン・コンテンツ・校正・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止しております。転載を希望されるかたはお問い合わせください。