無添加化粧品のキャリーオーバーに気をつけよう。

○○無添加でも原料に添加物が入っている可能性がある。

HOME » 無添加化粧品選び » キャリーオーバーって何

キャリーオーバーって何

無添加化粧品で、製品自体の製造時にはある成分無添加でも、原料には使われている場合があり、それをキャリーオーバー(成分)と呼び、成分表示義務はないので注意が必要。

無添加化粧品には絶対に化学物質が入っていない?

全成分表示と無添加化粧品

無添加化粧品を選ぶとき、私たちは安全性に期待して選びます。
無添加化粧品と言っても様々ですから、無添加化粧品について多少の知識のある人なら、全成分表示を見て、自分の避けたい成分が入っていない無添加化粧品を選ぶことでしょう。

現在は法律によって、化粧品に含まれている成分は全て表示する義務があります。
それにより私たち消費者は、配合成分を全て知ることができ、自分に合った化粧品を選べるようになりました。

キャリーオーバーに要注意!

実は、完璧に見える全成分表示にも落とし穴があるのです。
○無添加化粧品には、もちろん○○にあたる添加物を使用していないわけです。

ただし、製品自体を製造するのに使用していなければ、その前の段階の原材料を作る段階で化学物質を使用していたとしても、表示しなくてもいいということになっています。それが化粧品の特例、キャリーオーバーです。
例えば、化学物質の代わりに天然成分の植物エキスを使った、化学物質無添加化粧品があったとしましょう。化粧品メーカーは、確かに化学物質は使わずに製品を作りました。

しかし、原料を仕入れた会社は、その植物エキスを作るときに、長期保存に耐えられるよう、防腐剤と殺菌剤を使用しました。
この場合、植物エキスに使った添加物はキャリーオーバー成分と見なされ、表示義務はないのです。
消費者は「植物エキス配合の化学物質無添加化粧品」と思い、安心感を持って使用するわけですが、実は微量ながら化粧品には化学物質が混入しているわけです。

もしかすると自分のアレルゲンである物質が入っていて、知らず知らずのうちに接触していることもあるのです。

キャリーオーバー成分を避けるためには

ある成分にかなり深刻なアレルギーがあったり、敏感肌の方で、どうしても「本当の意味での」無添加化粧品を使いたい方は、キャリーオーバーも無添加の、完全無添加化粧品を探してみるとよいかもしれません。
大量生産ができず、高価なため、なかなか一般市場では目にすることも少ないかもしれませんが、通販などで存在するようです。

また、広告などに惑わされず、メーカーなどにキャリーオーバー成分についても問い合わせてみるのもよいでしょう。

平均4.32点/5点

1位

平均4.12点/5点

2位
無添加化粧水ランキング

平均4.25点/5点

2位

平均3.66点/5点

3位
無添加石けんランキング

平均4.08点/5点

2位

平均3.56点/5点

3位
無添加シャンプーランキング

失敗しない無添加ITEM選び

100%安全な化粧品はない
お肌に合う化粧品というのはありますが、完全に無添加で安全な化粧品というのはこの世に存在しません。

「無添加化粧品」をしっかり知る

お肌の優しい「安心」「安全」な化粧品って知っていますか?そらが無添加化粧品。

化粧品だけでなく食品や住まいまで、無添加の中での暮らしってとってもイイんです!

美肌を目指すスキンケア講座。女子力アップを目指そう

ご訪問いただき誠にありがとうございます。本サイトは無添加で安心・安全に美肌を目指す女性のためのポータルサイトです。
運営者情報

本サイトのデザイン・コンテンツ・校正・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止しております。転載を希望されるかたはお問い合わせください。