化粧品のアルコール、便利だけど刺激が強い?

メリット、デメリットをよく知った上で判断して選ぼう。

HOME » 無添加化粧品選び » アルコール無添加化粧品の方が安心

アルコール無添加化粧品の方が安心

アルコールにはお肌を引き締めさっぱりさせる効果や溶剤としての役割がある。ただし水分を奪ったり刺激が強かったりするので、アレルギーの方、敏感肌の方などは避けたい。

化粧品のアルコールって?

アルコールは化粧品に配合されている化学物質の中でも、最も良く目にするものですね。
成分表示では「エタノール」と表記されています。

化粧水、乳液などによく使われていますが、殺菌剤・保存料として様々な化粧品にも使われています。
アルコールを肌に塗布すると考えると、なんとなくお肌に悪いような気がします。

それではアルコール無添加化粧品を選んだ方がいいのでしょうか?

化粧品にアルコールを使うメリットは?

まず、アルコールを使用すると、さっぱりとした清涼感が得られます。また、毛穴を引き締める効果もあります。
その特性から、オイリー肌用の化粧品、特に収れん化粧水には多く使われています。

また、アルコールは消毒剤としても使われることから分かるように、殺菌作用に優れているので、保存料や殺菌剤としても使われます。
加えて、化粧品に含まれる様々な成分の溶剤としての役割もあります。

このように、化粧品には使いやすい成分であり、様々な種類の化粧品に使われているわけです。

アルコールを使うことの危険性はある?

アルコールは揮発性の高い成分で、それがお肌をさっぱりさせたりする効果がある一方、お肌の水分を過剰に奪ってしまうこともあります。
また、強力な殺菌作用もある刺激の強い成分であるために、お肌の大切な皮脂膜を破壊してしまう恐れもあります。

皮脂膜が破壊されると、お肌の水分が蒸発しやすくなり、雑菌などが入りやすくなったりします。

アルコール無添加化粧品を選んだ方がいい場合

アルコールは刺激の強い成分で、高濃度で使う場合は気をつけなければならないこともあるかもしれませんが、使用感の問題や殺菌作用もあることから化粧品としては便利な成分でもあり、一概に使用を控えるべきだとは言い難いかもしれません。
ただしアルコールにアレルギーがある方はもちろんのこと、乾燥肌の方、敏感肌の方、またお肌の弱っている方などは、アルコール無添加化粧品を選ぶといいでしょう。

平均4.32点/5点

1位

平均4.12点/5点

2位
無添加化粧水ランキング

平均4.25点/5点

2位

平均3.66点/5点

3位
無添加石けんランキング

平均4.08点/5点

2位

平均3.56点/5点

3位
無添加シャンプーランキング

失敗しない無添加ITEM選び

100%安全な化粧品はない
お肌に合う化粧品というのはありますが、完全に無添加で安全な化粧品というのはこの世に存在しません。

「無添加化粧品」をしっかり知る

お肌の優しい「安心」「安全」な化粧品って知っていますか?そらが無添加化粧品。

化粧品だけでなく食品や住まいまで、無添加の中での暮らしってとってもイイんです!

美肌を目指すスキンケア講座。女子力アップを目指そう

ご訪問いただき誠にありがとうございます。本サイトは無添加で安心・安全に美肌を目指す女性のためのポータルサイトです。
運営者情報

本サイトのデザイン・コンテンツ・校正・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止しております。転載を希望されるかたはお問い合わせください。